当サイトについて

https://libes-token.io/wp-content/uploads/2021/12/BGOW_NjH_400x400-300x300.jpg

Libes(リベス)とは、
リベラル eスポーツの略です。

その名の通り、
『eスポーツをもっと自由に。』

を名目に掲げており、

スポーツに参加する選手
×
スポーツを観戦するユーザー

このどちらもが楽しめる且つ収益をあげることができるプラットフォームです。

このプラットフォーム内で使用されるBESトークン

Libesというプラットフォームが革新的であるため、
必然的にBESトークンにも注目が集まっています。

当サイトでは、

・Libesとは何か?
・BESトークンとは?
・購入方法
・今後の可能性

などについて詳しく概要を説明していきます。

※日々更新されるため、ブックマークを推奨致します。

 

 

LibesのBES(ベス)トークンとは「eスポーツ×NFT」ガバナンストークン

冒頭にもお話しましたがLibes(リベス)とは、
リベラル eスポーツの略です。

ゲーム内での対戦をスポーツ競技として捉えるのがeスポーツであり、
世界中では様々な大会が開催されています。

このeスポーツ市場が現在爆発的に拡大しており、
オランダの調査会社Newzooによると、
2018年には世界全体で約1000億円に達し、
2021年には1800億円超に達すると言われています。

今それだけ世界中で注目を浴び、市場規模も急速に拡大しているeスポーツ。

しかし、これだけ爆発的に成長しているeスポーツでも、
その選手の収益は真のトッププレイヤーでもない限り少ないと言われています。

そんな選手の経済活動を後押しするだけでなく、
それを支えるユーザーにも収益を還元するWINWINなプラットフォームがLibesです。

 

 

BESトークンを発行するLibes(リベス)の3つの機能

Libesには3つの重要な機能があります。

・ベッティング
・ギフティング
・NFT

という機能です。

一つずつ解説していきます。

 

ベッティング

Libes内で行われる大会の勝敗を予測し、
どちらが勝つか?
順位はどうなるのか?
などを予測し、BETすることが可能です。

この分配は非常に魅力的で、

80%:当選者へ還元
15%:大会優勝者への賞金
5%:Libesの収益

という分配です。

たとえば、あるeスポーツの試合に、
多数のユーザーが計1000万円を賭けたとします。

試合が終了したとき、この比率に基づき、
賭けたユーザーに計800万円が払い戻され、
勝利したeスポーツ選手に150万円が支払われ、
残り5%がLibes(つまりBESトークンの保有者)の利益となります。

端的に言えば、Libes(リベス)は、
還元率80%の「eスポーツギャンブル」を
ユーザーに提供するプラットフォームだと言えるでしょう。

つまり、その大会が盛り上がれば盛り上がるほど、
ベッティングも必然的に盛り上がることでしょう。

ベッティングが盛り上がれば大会優勝者への賞金も大きくなるので、
eスポーツの選手にとっても非常に参加しがいのある大会となります。

 

ギフティング

ギフティングとはいわゆる投げ銭です。

昨今のコロナ情勢において、
対面での接触が大幅に激減した反面、オンライン上でのライブ配信の本数が
何倍にも増加傾向にあります。

そのライブ配信の中で配信者を応援する仕組みが投げ銭なのですが、
ほとんどの場合、プラットフォームの収益となり配信者には30%等非常に少ない利益になっているのが現状です。

しかし、それを払拭したのがLibesです。

ユーザーは応援したい選手にギフティングが可能で、
その手数料はなんと0%。

選手からすると、
今までにないギフティングの収益を得ることが可能です。

ユーザーにとっても選手に自分の応援が100%届く、ということなので
とても嬉しい機能です。

 

NFT

NFTとは、英語でNon Fungible Token。
訳すると『非代替性トークン』と言います。

イメージとしては、デジタル上でモノを所有することができるようになり、
投資家の中でも非常に関心が寄せられています。

今回、Libesでは、
eスポーツ大会のワンシーンをNFT化して販売することが可能です。

スター選手の記録樹立の瞬間、引退試合、世界大会の決勝、勝敗が決する瞬間などファンにとってたまらない興奮の一瞬をNFTとして収めることで、有名作家の絵画のように永遠の価値を持つことになります。

そのほか、

・ゲームを一緒に遊ぶことができる権利
・大会中に広告宣伝をする権利

などをNFT化し、販売をすることができます。

さらにこちらも分配が魅力的で、

70%:選手の収益
30%:Libesの収益

となります。

 

 

Libes(リベス)のBESトークンが記録的急騰をみせる6つの理由

Libes(リベス)のBES(ベス)トークンは2022年、
仮想通貨市場のメインストリームに上り詰め、
指数関数的な上昇を記録することでしょう。

その根拠は以下の6つ。

・Libes(リベス)は世界初のeスポーツDAOプラットフォームであること
・「eスポーツベッティング市場」は指数関数的に成長中
・米国・ヨーロッパへの世界展開を予定
・BES(ベス)トークンは追加発行不可で年々希少性が高まる
・BES(ベス)ホルダーは「配当」を得られる
・BES(ベス)トークンは複数の複数取引所へ上場予定

それぞれ詳しく解説します。

 

 

Libes(リベス)は世界初のeスポーツDAOプラットフォーム

Libes(リベス)は世界初のDAO(自立分散型組織)を採用した
eスポーツベッティングのプラットフォームであるため、
トークン価値が上昇しやすい設計となっています。

たとえば、DAOではない(中央集権の)団体がトークンを発行した場合、
「プラットフォームは成功しても、トークンの価値が上がらない」
ということがよくあります。

一方、Libes(リベス)は
非中央集権的なDAO(自立分散型組織)であり、
BES(ベス)トークンの保有者=プラットフォームの所有者でもあります。
そのため、BES(ベス)トークンの保有者は必ず、
Libes(リベス)の成功の利益を享受します。

具体的には、Libes(リベス)プラットフォームが得た収益全体の50%は
トークンの買い戻し(Burn)やステーキング報酬として、
BES(ベス)トークンのホルダーに還元されます。

このようなeスポーツ×ベッティング(賭け)プラットフォームは、
ニーズが非常に高いことが容易に想像できます。

にもかかわらず、この仕組みを取り入れたのは
Libes(リベス)が世界初なのです。

 

 

Libes(リベス)はかつてない「賭け」の透明性を実現性

ベッティング(賭け)プラットフォームは不正ができないよう、
最大限の透明性を求められています。

Libes(リベス)はこの透明性をブロックチェーンで実現しました。

ベッティングプラットフォームの透明性が低いと、
「報酬の支払額を不正に操作する」
「オッズを不正に操作する」
「報酬が長らく支払われない」
といったことが発生する可能性もあります。

Libes(リベス)はブロックチェーンを採用しているので
すべての取引履歴が匿名性を保ちながら外部から確認できます。

そのためリギング(不正操作)は100%発生せず、
ベッティング(賭け)の約束は必ず実行されるのです。

 

 

「eスポーツベッティング市場」は指数関数的に成長中

先端のビジネス動向に詳しい投資家なら、
eスポーツが非常に大きなマーケットになりつつあることを
ご存じのはずです。

しかし、eスポーツに賭けを組み合わせた
「eスポーツベッティング市場」
は、それ以上の成長をみせていることを知っていますか?

MarketInsight Reportsによると、
世界のeスポーツベッティングの市場規模は
2020年から2025年にかけて年率13.1%で成長します。

具体的には2022年までに、
1兆ドル(約113兆円)規模に達するとされています。

その結果、eスポーツベッティング市場に対応する唯一のトークンである
BES(ベス)トークンの価格も急騰することが明白です。

新型コロナ拡大がBES(ベス)トークンの追い風に
eスポーツは新型コロナが拡大する前から
魅力的なマーケットでしたが、
感染症の拡大がその成長をさらに後押ししています。

たとえば、新型コロナ感染症の第1波のまっただ中、
2020年3月末には130万人がNASCARのドライバーによる
バーチャルレースを観戦しました。

また、インターネット利用時間が増え、
高性能PCの売上が増し、5Gの必要性が叫ばれるようになりました。
これらはすべて、eスポーツベッティング市場への追い風でもあります。

今やeスポーツは、日本の国民的スポーツイベント「国体」の種目となり、
2024年にはオリンピックの種目への採用の見通しが立ちつつあります。

 

 

ギャンブル規制は各国で好転に向かっている

ベッティング(ギャンブル)は
規制の影響を受けやすい分野として知られているので、
大衆投資家から投資を敬遠される傾向があります。

しかし豊富な知識を持つ投資家は、
ギャンブル規制をまったく心配していません。

日本ではカジノ誘致がそうであったように、
新たな税収確保の手段として、ギャンブルは各国で好意的に
議論されるようになっているからです。

2020年、eスポーツのブックメーカー(賭け屋)サイトのLuckboxは
新規プレイヤーを54%増加させ、
ほぼ同時期に米国ネバダ州の公営賭博規制局は
eスポーツの賭博行為を承認しました。

eスポーツベッティングの分野は今後、
各国が「経済成長」と「ユーザー保護」を天秤にかけながら、
禁止ではなく「規制」の枠組みを整えようとしています。

 

 

米国・ヨーロッパへの世界展開を予定

Libes(リベス)とBES(ベス)トークンは、
世界展開を前提としています。

それは、「世界中の誰でも使える」という当然の理由ではなく、
「eスポーツプラットフォームといえばLibes」
「eスポーツトークンといえばBES」
を世界各国で強烈に印象づけ、定着させることを意味します。

その第一歩としてLibes(リベス)は、
まず、中国、韓国、日本などアジアにおいてファン基盤を構築します。

日本も、eスポーツの市場規模が拡大している国であり、
ゲーム文化が根付いていることから魅力的なマーケットの1つです。

その後、アメリカ、ヨーロッパへと精力的に進出します。

・アジア・パシフィック地域のインフルエンサーと協業

Libes(リベス)をeスポーツベッティングの
プラットフォームとして認知してもらうため、
eスポーツ界のインフルエンサーとの協業が計画されています。

10~30代の潜在的なLibes(リベス)の顧客となる
ユーザーを視聴者に持つYouTuberなどと協力し、
インフルエンサーマーケティングにより強力な集客を実施します。

 

 

BES(ベス)トークンは追加発行不可!年々希少性が高まる

BES(ベス)トークンは発行上限枚数があらかじめ決められており、
ビットコイン同様、デフレトークンです。

この「追加発行できない」という点は、
投資家が非常に重要視すべきポイントです。

なぜなら、プレセール参加後に
プロジェクト運営陣がトークンを追加発行すると、
トークンが簡単にインフレしてしまい、
価値が大幅に希釈されるからです。

もちろん、BES(ベス)も初期の段階から
まったく追加発行をおこなわないわけではありません。

まず、初期の初期では、Libes(リベス)は
BES(ベス)トークンの15%を市場に流通させます。

そして、BES(ベス)トークンのステーキングをホルダーに開放し、
投資家にインカムゲイン(安定収入)を得る機会を提供します。

また、Libes(リベス)の成長に貢献する行動を
プラットフォーム内で取ったユーザーに対し、
より高いステーキング報酬を得られる仕組みとします。

しかし、これはLibes(リベス)がより魅力的な
eスポーツベッティングプラットフォームになるため
欠かせないものです。

正当な理由なく、Libes(リベス)は
追加のトークン発行をおこないません。

 

 

BES(ベス)ホルダーは「配当」を得られる

BES(ベス)トークンのホルダーは、
Libes(リベス)のプラットフォームが得た収益の
「50%」を配当として得ることができます。

具体的なホルダーのメリットは次のとおりです。

・2ヶ月に1度、Libesの収益を使ってBESトークンの買い戻し(Burn)を実施するため、トークン価格が上昇する
・BESトークンはステーキングが可能であり、Libesの収益がステーキング報酬としてホルダーに還元される
・最初の2年間はBESトークンによるステーキング配当を行い、その後はUSDTなどのメジャー通貨での配当を継続的に実施

こうしたホルダーのメリットが非常に大きいため、
価格が上昇する可能性は高いと確信できるのです。

また、これはLibes(リベス)プラットフォーム単体での
収益化構造とは異なりますが、
外部のSusi swapのようなDEXで
BES(ベス)トークンをファーミングすることも可能です。

 

Libes(リベス)はDAOなので投資家ファーストが徹底される

Libes(リベス)は非中央集権的なDAOであるため、
報酬体系を含む運営方針はホルダーの投票により決定されます。

そのため、長期的には、
上記のホルダー特典が変更される可能性も否定できません。

ただし、Libes(リベス)のような
非中央集権的な仮想通貨プロジェクトでは、
投資家そのものがLibesプロジェクトのオーナーであるため、
ホルダーに不利な条件に変更される可能性はほとんどないと言えるでしょう。

 

Libes(リベス)のBESを世界中のeスポーツ選手が保有する未来

いかがですか?

これらの機能により、Libesというプラットフォームに
世界中のeスポーツ選手が集結する未来が見えてこないでしょうか?

現在、急成長するeスポーツ業界。
そのeスポーツになくてはならない世界中の選手。
その世界中の選手の活動を支えるユーザー。

選手にとっては、
自身の活躍がこれほど還元されるプラットフォームは今まで無かったでしょう。

となると、
より還元率が高い市場に集まるのは必然ですので、

Libesにトッププレイヤーが集まる

大会が盛り上がる

選手に還元される

さらに選手が集まる

という流入のサイクルが生まれます。

現に、
荒野行動公式プロチーム
XeNo(ゼノ)ともLibesはスポンサー契約を結んでいます。

現時点で可能性に溢れているLibes。

今後、世界中の選手とユーザーを繋げる、
かつてないほどの超大型プラットフォームに進化していくことでしょう。

 

 

BESトークンの価値|プロゲーマーから見たLibes(リベス)とは

Libesの価値については前述の通りですが、
実際にプロゲーマーからはLibesというプラットフォームがどのように見えているのか?

これについて、
荒野行動の公認ゲーム実況者でもあり、
Twitterフォロワー35万人の超無課金さんが実際にお話されています。

是非、動画を御覧ください。

▼vol.1

 

▼vol.2

 

▼vol.3

 

 

Libes(リベス)およびBES(ベス)トークンの運営会社

商号又は名称:株式会社Liberal Mind
商号又は名称(読み仮名):リベラルマインド
登記所:東京法務局
法人種別:株式会社
郵便番号:〒100-0005
国内所在地:東京都千代田区丸の内1丁目8番地2号鉄鋼ビル4階

Liberal Mindは、ブロックチェーン投資はもちろん、
複数の業界のプライベート・エクイティ・ファンディングで成功した実績を持ちます。

さまざまな仮想通貨に投資してリターンを得てきた実績があるため、
Liberal Mindは「伸びる仮想通貨プロジェクト」を見極める目を持ちます。

そんなLiberal Mindが手がける仮想通貨であることも、
BES(ベス)トークンの将来性が非常に高いと断言できる理由なのです。

Liberal Mindは、システム管理、リスク分析、カスタマーサービス、KYCなど、
仮想通貨プロジェクトを運営するために欠かせない業務を処理する専門スタッフと外部アドバイザリーを有しています。

Libes公式ホームページ:https://libes.io/
Libes公式Instagram:https://www.instagram.com/libes_esports/
Libes公式:https://www.youtube.com/channel/UCYaHKK0_OJsiFlHOcJAkZog/videos
Libes公式Linkedin:https://www.linkedin.com/in/libes

 

 

LibesおよびBESトークンのロードマップ

Libes(リベス)とBES(ベス)トークンのロードマップは次のようになっています。

注目すべきは、プラットフォームのリリース時期でしょう。

2021年1月10日にLibesプラットフォーム(ベータ版)がローンチ予定で、
3月にグランドオープンします。

まずベータ版でサーバー負荷の確認などのテストを実施しながら、
3月のグランドオープンで本格的に
国内最大のeスポーツイベントを企画します。

グランドオープン時には、Libesのアンバサダーを含め、
著名人を巻き込んで大々的にプロダクトをオープンにしていきます。

 

Libes(リベス)のグランドオープン後のビジョンは?

Libes(リベス)はグランドオープン後、
eスポーツ業界の収益構造を根本からひっくり返し、
「稼げるeスポーツ選手」を生み出します。

現状、Libes(リベス)は有名イベント
「ブロックチェーンエコノミーEXPO」など
オフラインイベントを通じ、
eスポーツ関係者とのパイプ作りにも注力しています。

その結果、Libes(リベス)は
ブロックチェーン業界の大手、eスポーツ選手、関係者から、
かなりの好感触と手応えを得ている状況です。

今後、eスポーツ業界が成長するにしたがって、
eスポーツプレイヤーは「アーティスト」のような
絶大な影響力を持つようになります。

Libes(リベス)はそうしたeスポーツプレイヤーとファンの
ベッティング(賭け)の中心的場所になることで、
プラットフォームの価値を最大化します。

その結果、Libes(リベス)プラットフォームの株主に近い存在
BES(ベス)トークン保有者は、
トークン価格急騰という形で恩恵を受けることができます。

 

BES(ベス)トークンとは?Libes内での位置づけ

BESトークンとは、
Battle Esports Coinの略です。

先程、解説しました

・ベッティング
・ギフティング
・NFT購入

などで使用可能となります。

また、それだけでなくこのBESトークンは保有しているだけで継続的に報酬がもらえる
ステーキングも可能です。

さらにこのBETトークン、
IEO上場予定です。

BESトークンの価値が今後、高騰していくことが期待できるでしょう。

 

BES(ベス)のトークンアロケーション

BES(ベス)のトークンの正式名称は、
Battle Esports Coin (BES)です。

そのトークンアロケーションは以下のようになっています。

DAOエコシステム 40 billion
マーケットメイク 17 billion
プレセール IEO 15 billion
運営陣 15 billion
初期流動性提供 6 billion
スポンサー 5 billion
戦略アドバイザー報酬 2 billion

BES(ベス)トークンはイーサリアム系のERC-20トークン企画で発行されており、100,000,000,000の発行上限枚数となっています。

BES(ベス)トークンはLibesプラットフォームにてゲーム内通貨として機能するほか、非中央集権的なプロジェクトであるLibesの意思決定のための投票権として機能します。つまり、BES(ベス)トークンはガバナンストークンでもあります。

 

BES(ベス)トークン上場予定日について

BESトークンの上場予定日は、
2022年1月10日の予定です。

現時点で
・ユニスワップ
そして、モンゴルで12月中旬に立ち上げ予定の
・cryptoany
という取引所でも上場が決まっています。

モンゴルは現在、仮想通貨が大変盛んなこともあり、
国内の資金が流れ込んでくることも予想されます。

それだけでなく、
その他複数の取引所でも上場が予定されているため、
現時点での期待値はかなり高いです。

 

BES(ベス)トークンの購入方法

※USDTもしくはイーサリアムのご準備をお願い致します。
※推奨ウォレットはメタマスクとなります。

期間

販売期間終了:2021/12/6 18:00 ~ 2021/12/20 23:59
ハードキャップ枠:10億円

販売価格

プレセール販売:1XBES=0.2円(日本円)
ドルフィックスレート:1トークン=0.0018ドル(USD)

※上場前の1/10にBESをXBESのウォレットに同数量送らせていただきます。
※最低購入金額 500ドル

上場

上場価格:0.3円
上場予定:1/10

 

お申し込み手順

BES(ベス)トークンを買う際は、以下のお申し込み手順をご確認ください。

①ETH(ERC20イーサリアム)、USTD送金
②お申し込みフォームのご記入
③トランザクション等(着金)を確認し、完了し次第トークン配布
※48時間以内には配布予定です。

①ETH(ERC20イーサリアム)、USTD送金

BESトークンのお申し込みページを開くと、以下の画面が表示されます。

画面をスクロールすると、送金先アドレスの記載が確認できます。

このBES(ベス)トークンお申し込み送金先アドレスに対し、「ETH」もしくは「USTD」のいずれかをご送金ください。

トークンはいずれも「ERC20」規格のETHもしくはUSDTのみ対応しています。

 

②お申し込みフォームのご記入

送金後、お申し込みフォームへ記入してください。

記入項目は以下の6項目です。

ミスがないことをご確認の上、最後に「送信」をクリックしてください。

 

③トランザクション等(着金)を確認し、完了し次第トークン配布

お申し込みのトランザクションを確認次第、
48時間以内にトークンを配布します。

ETH建てでBES(ベス)トークンを購入された方は、
ETHの「着金時」のレートを採用し、
それをドル換算した枚数が配布されます。(1BES=0.0018ドル)。

なお、アドレスの記載ミスにご注意ください。

 

BESトークン購入時の送金アドレス

0x934658be309EF56445e23a44933e1BA7a2b7159F

 

BESトークンのフィックスレート

ETHの着金に関しましては、着金時のレートでフィックスさせていただきます。
ドルフィックスレート 1トークン=0.0018ドル(USD)

 

BESトークン購入時の申込者情報の入力

・氏名
・LINEネーム
・メールアドレス
・トランザクションID
・購入希望金額 (送金いただいたETH数、USDTの数字を記載)
・XBES受け取りアドレス (ERC20が受け取れるアドレス、メタマスク推奨)
※送金アドレスと、入金アドレスは同じアドレスを推奨します。

 

BESトークン購入時の注意事項

「XBESの受け取りアドレス」に間違ったアドレスを記載しまった場合や、コインチェック、バイナンス等のアドレスを記載した場合、引き出しできなくなる可能性や、引き出しにお時間がかかる場合がございます。その際の責任は一切おいかねますのでご了承ください。

ETHの着金に関しましては、着金時のレートを採用させていただきます。
申し込みと、着金時に差異が生じる場合があります、トランザクションを見て判断させていただきます。ご了承ください。

TOP